Main Portfolio - Performance - Monthly (2022.04)

 

Main Portfolio - Performance - Monthly (2022.04)





昨日の記事と若干被るが、メインポートフォリオのSPY,EFA,VTとの比較。
マンスリー4月のパフォーマンス比較。







SPY,EFA,VTと比較すると、自分のメインポートフォリオ(SPY+TLT:50/50)は上下の変動率が少ない点がいちばんの特徴。

ただし、今月は長期債ETFであるTLTを50%組み入れているおり同ETFがかなり下落しているため、逆に指数に対して下落率が悪い結果となった。

その他の数値は下記。












SPY,EFA,VTなどの株式資産を単独で保有しているよりも、SPY+TLTを50/50で保有しているほうがMax Drawdown(最大下落率)は抑えられている。

ただし上記にも書いた通り、4月はTLTの不調が激しくその他の数値も指数に比べると悪い結果となっている。今月は「Sell in May」でさらにパフォーマンスの悪化があるかもしれない。