ロイターの円安についてのコラムが興味深い


ロイターの円安についてのコラムが興味深い













下記が該当の記事になる。





まずこの記事で気になる見出しは、この頃頻繁に耳にしている「悪い円安」とも通づる話。


  • 世界で進むインフレと異次元の日本


これだけ世界でインフレ率が上昇している中で、日本では相変わらずインフレ率が上昇しないのも異常だ。そもそも日本でインフレ率が上昇しないのは金利水準の問題ではなく、日本経済の構造的な問題なのだろう。

そうだとしたら、このような状況下でイールドカーブをフラット化させておいても、円安を助長するだけで、メリットは無いのではないか。

また、ディスインフレからインフレへの動きを加速させた事象が、新型コロナとロシアによるウクライナ侵攻の2つで終わりと誰が言えるのだろうか。いずれ日本でも他国でのインフレ率上昇が影響して、インフレ率は徐々に上昇するだろう。

日本は世界の中で孤立して生きているわけではない。そして、コモディティ価格上昇による輸入物価上昇も合わせて、円安進行が物価をある程度押し上げるだろう。しかし、それは日本経済にとって良いインフレ率上昇でないということは言うまでもない。






そしてこの記事でもっとも興味深いと思ったトピックは下記。


  • 家計のキャピタルフライトが始まる時


いまの「マスク信仰」もそうだが、「右へ倣え」が日本人の大きな特徴だから、もしかすると案外一旦キッカケがあると怒涛のように殺到するかもしれない。
内容に関しては記事を参照のこと。


なお、ドル円は一時期の一歩的な円安は落ち着いている模様。
ただしいずれは1ドル=130円突破は必ずするものと思われる。