アメリカの利上げは新興国へのダメージがより深刻か


アメリカの利上げは新興国へのダメージがより深刻か










国際通貨基金(IMF)は10日公表のブログで、新興国は米連邦準備理事会(FRB)の利上げへの備えをしなければならないとし、FRBが予想より急ピッチで利上げすれば金融市場が混乱し、資本流出や通貨下落を引き起こす可能性があると警告した。


米国については、力強い成長が続き、インフレは年内に鈍化するとの見方を示した。IMFは1月25日に世界経済見通しを発表する予定。




下は2010年からのアメリカ株式とヨーロッパ株式および新興国株式のパフォーマンス比較。
これだけ差がつくと資産運用としては致命的と言える。
FIRE(早期リタイア)にも多大に影響が出ていたと思う。