【重要】株式投資にとってのアメリカ長期金利の行方


【重要】株式投資にとってのアメリカ長期金利の行方




投資ではアメリカの長期金利にきをつけておかないと、あんまり意味がないというのが事実でもある。それに関する記事。


コロナ禍前にも一時話題になった「逆イールド」だが、気にしておかなかいとドカンと来る可能性も高まる事態なので見て見ぬふりはできない。



米国の長期金利が奇妙な動きを見せている。利上げ加速が視野に入って以降、10年物国債利回りはむしろ低下(債券価格は上昇)している。低金利の持続は株高の下支えとなる半面、債券市場で深まる「謎」には2022年の波乱の気配も漂う。


















長期金利がなかなか上がらない現状は、短期的には不動産などのリスク資産に追い風になる。PER(株価収益率)など指標の割高さを正当化しやすいからだ。

だが、振り返れば、ITバブルも住宅バブルも、債券市場の「謎」は景気後退や経済危機の前触れだった。コロナ危機からの出口を探る22年に利回り曲線の極端な平たん化、あるいは長短金利の逆転が現実になれば、低金利は株高の支援材料どころか凶兆の色合いが濃くなる。その時、低金利の捉え方は、「次の下り坂」での利下げ余地の乏しさという不安要素に転じかねない。

FRBの利上げ路線が順調に進み、それを織り込んで長期金利が自然に切り上がり、株式市場は金利上昇を「正常化」としてうまく消化する――。これが22年のマーケットのベストシナリオだろう。その行方を見極めるうえで利回り曲線から目が離せない。




記事は10年&2年債だが、より超長期の30年債にも影響はある。

保有しているTLTのチャートは下記。