アメリカ株式市場にとって悪いインフレ懸念はどのように影響するか


アメリカ株式市場にとって悪いインフレ懸念はどのように影響するか











ユーロ圏や英国、日本、中国を含むほとんどの国・地域は新型コロナウイルス禍から完全には回復しておらず、脆弱(ぜいじゃく)な個人需要は成長減速の影響を受けやすいとエコノミストらは指摘した。



インフレによる企業利益と家計所得の浸食や景気不透明感の中での貯蓄率上昇が成長減速の要因になり、財政・金融政策の転換が大きな重荷となる可能性があると分析した。





但し書きがあり、下記の予測。



ただ米経済だけは「十分に力強い需要」を回復し、従ってコスト主導のインフレを吸収するクッションがより大きいとエコノミストらは付け加えた。




果たして予測が当たるかどうか。

逆に、それだけ「アメリカ経済」が盤石と思われている、とも言える。

下記は今現在のSPYのチャート。