何だか日本国の「バラマキ」がすごいけど将来大丈夫かね?


何だか日本国の「バラマキ」がすごいけど将来大丈夫かね?



















自民、公明両党は10日、経済対策の柱となる18歳以下の子どもへの10万円相当の給付を巡り、自民党側が示した年収960万円以上の世帯を対象から外す案で一致した。対象者には年内にも現金5万円を配り、残り5万円分を来春ごろに子育て関連に使途を限ったクーポンとして原則支給する。



何だか色々と批判はあるけれど、これはある意味しょうがない。万人が納得する政策なんてそもそもないんだから。





自公党首はマイナンバーカード保有者への最大2万円分のポイントの付与でも一致した。新たにカードを取得した人に5000円分を付与する。カードを健康保険証として使うための手続きをした人に7500円分、預貯金口座とひもづけをした人に7500円分をそれぞれ付与する。



心配なのはこの国の特に役所関連のネットリテラシーの低さを見ているから、そう簡単にあっさりと金融機関を紐付けていいか、チト心配になる。





住民税非課税世帯を対象に1世帯10万円を支給する。非正規雇用者など生活困窮者への経済的支援の一環で、自民党が衆院選公約で掲げていた。




これはある意味「働いていたら負け」のパターンもありそうだね。

資産持ちで見かけ上の所得が無い層もいるわけだから。



総じて言うと「バラマキ」はいいけど、将来その回収を必ずしなくてはいけないわけでその話題や根拠が全く議論しているようぬ見受けられないのがいちばんの心配。