「レバナス」が人気って明らかにアメリカ株式はバブルだね


「レバナス」が人気って明らかにアメリカ株式はバブルだね










レバファンドファンドってネットで話題なんだ、知らなかった。

そうなると明らかにアメリカ株式はバブルっぽいな。

どこかの時点で振るい落とされる場面がやってくるとは思う。

まぁそれまでは降りずに市場について行くのが、パフォーマンス上は大事。

徐々に保守的にしていくのが賢明な判断である。



記事の見出しはこんな感じ


  • いま注目を集める「レバナス」
  • レバナスの「レバ」の基本
  • 海外の株価指数が対象のレバレッジ型が増えている
  • 「レバナス」タイプ、2つの注意点と賢い活用法



「レバナス」も、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」(大和アセットマネジメント)の人気の高まりとともに、SNS(交流サイト)などで広まっていったようです。

また、11月17日には、楽天投信投資顧問より「楽天レバレッジNASDAQ-100 (愛称:レバナス)」が新たに設定されます。


何だかパフォーマンスがいいとそれに追随するファンドが出てくるのは、相変わらず変わらない傾向だな。






レバレッジ型の仕組みそのものは、連動対象が国内の株価指数でも、海外の株価指数でも変わりありません。

したがって、株式市場が一方向に動かないとリターンを期待しにくいという点や、いわゆるボックス圏(株価指数が上昇と下落を繰り返す)相場だとリターンがだんだん減ってしまうという点は同じです。


これはすごく大事な点を説明している。

あとは、大幅にアップダウンもかなりリターンは指数インデックスに対して劣後する。





  • 注意点1:現在参照している株価水準と、基準価額に適用される株価水準にタイムラグがある


米国株式をはじめとする海外資産に投資するファンドの場合、申し込んだ日の翌朝(日本時間)の終値と為替レートを反映して基準価額が算出されるため、購入時に参照している株価水準との間にタイムラグが生じます。

したがって、海外レバレッジ型で、市場が大きく動いたタイミングを狙い、ピンポイントで取引をするということは事実上不可能です。



記事ではこれを回避するために「積み立て」を紹介しているが、「レバレッジファンドで積み立て?」と思われがちだが、逆にリスクを取れるならこれはアリな方法だと思う。

ただし、アップダウンは相当激しくなるので、大幅下落の状況で解約してしまわないのが条件になる。





  • 注意点2:為替フルヘッジのファンドが多い


例えば、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は、「日々の基準価額の値動きがNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となること」を目指して運用を行いますが、為替変動の影響が基準価額に反映されてしまうと、「2倍」にならない可能性があります。

フルヘッジを行うレバレッジ型の場合、為替が円安方向に振れても上乗せのリターンは期待できません。この点は覚えておきましょう。



基本的に日本国内で購入する外国株式ファンドは「為替ヘッジ無し」を購入するほうが儲けられる「期待値」が高くなるけど、該当のレバファンドがもともと「為替フルヘッジ」しかないのであればしょうがない。

ただし、パフォーマンスは少し悪くなるのを受け入れないとダメだな。



しかし冒頭にも書いたが、あんまり人気過ぎるとどこかの時点で必ず振るい落としの事態が発生するね。いつかはわかんないけど。