アメリカ株式市場に上場したビットコイン先物ETF(BITO)は初日の出来高はQQQを上回る寸前


アメリカ株式市場に上場したビットコイン先物ETF(BITO)は初日の出来高はQQQを上回る寸前








昨日、本ブログで記事にしたアメリカ初のビットコイン先物のETF(BITO)の上場の結果。
まさか本当にQQQを上回りそうな出来高になるとは思わなかった。
この分でいくと本当にQQQを上回るかもしれない。
どこまでこの勢いが続くかチョットしばらくの間は観察をしてみようと思う。
さすがにSPYとは開きがあり過ぎるが。






















米国初となる暗号資産(仮想通貨)ビットコインに連動した上場投資信託(ETF)、「プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF」が19日に取引を開始した。暗号資産業界にとって重大な転換点となる。


暗号資産業界とウォール街の両方から長年待ち望まれていた同ETF(証券コード「BITO」)は、約4.9%上昇し41.94ドルで終了。ブルームバーグの集計データによると、出来高は2400万口余り。


売買代金は10億ドル(約1140億円)近くに上り、ブラックロックのカーボン・ファンドの取引初日に次ぐ規模だとブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のETFアナリスト、アタナシオス・プサロファギス氏は指摘した。ブルームバーグの報道では、BITOのオプションが20日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)アーカ・オプション取引所とNYSEアメリカン・オプション取引所で取引開始される。




オプションも設定されるので、なおさらチェックしてみよう。
インフレヘッジとしてほんの少しの金額でGLDのオプション取引をしてるが、こっち乗り換えてみてもいいかもしれない。