日経の「FIRE」に関する記事は「通常の定年退職者」にも最低限必要な知識


日経の「FIRE」に関する記事は「通常の定年退職者」にも最低限必要な知識









日経の記事で、FIRE(早期リタイア)する上での、引出しなども含めた「お金の運用」の簡単な説明がされているが、これは何もFIREに限らず「通常の定年退職者」にも必要な知識だと思う。










トピックスは以下。

  • 毎年一律の収益は期待できず
  • 「持続可能」な資産額は?







「4%ルール」や「25倍ライン」など基本的な説明もあり、FIRE(早期リタイア)する上での基本的な知識についての説明がなされている。


その中で重要だと思ったのは、次のトピック

  • 現金など「緩衝材」の必要も







特に大きな懸念を残すのが、退職後の期間の前半において、想定するパフォーマンスよりも下回る場合に予想以上に元本の毀損が進み、その「後半」で資産が枯渇することだ。


そこで、前半でそうした事態になった場合に、運用資産を多く引き出さないための「緩衝材」を用意することが必要になる。預金にこの役割を持たせることも大切になる。ただ、その分、退職時点で用意する資産額が多く必要になる。




記事の説明の通りで、FIRE(早期リタイア)した後では、資産からの収入が基本だから「どういったポートフォリオ」がやられにくいか等も考えておくのが大事。


ただ、FIRE(早期リタイア)する上でいちばん重要なのは「何事も思った通り(想定通り)にはいかない」というスタンスだと思う。
資産運用だけに限った話だけでなく、そういう心構えは必要。


その他の詳細な説明は日経の記事を参照のこと。