面白そうなガジェット・Facebookのスマートグラス「Ray-Ban Stories」が発売・299ドルから


面白そうなガジェット・Facebookのスマートグラス「Ray-Ban Stories」が299ドルから発売









久々に面白そうなガジェットの発売。
ただし現状はアメリカだけで日本は未発売だが仕入れておきたいネタ。
レイバンもいいけど、オークリー(Oakley)のほうが個人的には好き。
ファッション系とスポーツ系で毛色は少し違うけど。



IT Media Newsより



Ray-Banらしいクラシックなレイバンスタイル(ウェイファーラー、ウェイファーラーラージ、ラウンド、メテオ)を基本に20のバリエーションがあり、レンズもクリア、サン、トランジション、度付きなどから選べる。


メガネフレームの両側の縁に埋め込まれた500万画素のカメラを、テンプル(ツル)にある物理ボタンか「Facebook、動画を撮って」などの音声で操作して一人称視点の写真や動画を撮影できる。撮影時には周囲の人に知らせるために白いLEDが点灯する。


メモリを搭載しており、写真なら約500枚、動画は約30秒保存できる。
カメラは「Facebook View」というカメラアプリ(iOSおよびAndroid)と同期し、撮影した写真や動画はこのアプリで編集し、スマートフォン内の他のアプリ(FacebookのInstagram、WhatsApp、Messengerだけでなく、Twitter、TikTok、Snapchatなど)とコンテンツを共有できる。


フレームにはスピーカーとマイクも埋め込まれており、Bluetooth経由でスマートフォンの音声を再生したり、通話したりできる。音量調整や一時停止はテンプルのタッチパッドで行う。スピーカーは、ビームフォーミング技術とノイズ抑制アルゴリズムにより、「専用ヘッドフォンに期待されるような通話体験」を提供するという。


プロセッサは米QualcommのSnapdragon。バッテリー持続時間は撮影などを断続的に行った場合約6時間。充電は付属のケースでUSB Type-C経由で行い、完全充電に約1時間かかる。




下記記事はGigazine



本家アメリカのレイバンのHPは下記。