「レバレッジETF」を利用した保守的なポートフォリオでFIREを目指す例


「レバレッジETF」を利用した保守的なポートフォリオでFIREを目指す例












昨日の記事の続きで実際に10万ドルで上記ポートフォリオを組んでみて、それにプラスしてオプション売り(カバードコール)をした場合の毎月受け取れるオプション料も調べてみた。


昨日の記事


どうせなら思いっきり元本を増やす方向で、レバレッジETFはSPXLではなくTQQQを選択してみた。


資産の配分は、株式50/債券50の保守的な配分が基本。
ただし、オプション取引が100株単位なので、それぞれのETFの今現在の原資産価格からちょうどいい配分を探ったら、下記の配分が原資産を保有しながらカバードコール(コール売り)に良さそう。


  • TQQQ(55%) $55,000(原資産価格は$130と仮定) 423share(オプション4)
  • TMF(45%)    $45,000(原資産価格は$30と仮定) 1500share(オプション15)
















そうすると、入ってくるオプション料がそれぞれ下記の金額となる。
(オプション料が$1のものをカバードコールした場合)


  • TQQQ  $400  (4share)
  • TMF     $1500(15share)


合計で$1900ドルだから、日本円でだいたい20万円ぐらいの収入が得られるという感じ。
これとTMFの配当がだいたい2%あるのでこれもプラスで得られる。
まぁ悪くない「お小遣い」という感じ。


あとはこのポートフォリオでだいたい約30%ぐらいの下落があったから、それに耐えて続けられるかどうか、という感じ。
ただこのデータはあくまでバックミラーだから今後も30%の下落で収まるかは不明だが。


耐えられれば上記のオプション料を毎月20万円貰いながら、元本は10年後は約30〜40倍の日本円にして約3〜4億円くらいに膨れ上がっている、という算段。