投資で儲けるまたは損失を出さない秘訣は「予想しないこと」


投資で儲けるまたは損失を出さない秘訣は「予想しないこと」









投資で儲ける、または損失を出さない唯一の答えは「予想をしない」ことかもしれない。
または「予想はよそう」。
たしか山崎元氏は「予想はうそよ」と言ってたと思うが。


下記のブルームバーグの記事を読むと、いつの時代でも一定割合を株式クラスに入れて、なるべく放置しておくのが正解だと分かる。




  • コロナ時代の市場予想が全く当てにならないことを示す事例は多数
  • 株高に加え、教科書と歴史を無視した債券動向に戸惑うベテラン


フェデレーテッド・ハーミーズのポートフォリオマネジャーでマルチアセットソリューション責任者のスティーブ・チアバロン氏は、新型コロナウイルス流行が始まったばかりの「昨年3月に誰かが、1年半後に感染者数はほぼ変わらず、一方で株式相場は2倍になっているだろうと予言したら、私は鼻で笑っただろう」と言う。


同氏がこの期間の出来事から学んだ教訓は、謙虚さを忘れてはならないということだ。「ウイルスの動向を予言できたとしても、相場を正しく予想できるとは限らない。選挙結果を正しく予想しても相場を言い当てられるとは限らない」と同氏は述べた。


今は、株式相場の堅調に加え、教科書と歴史を無視したような債券市場の動きを、どう考えていいか分からなくなっている。
(〜途中省略〜)
「どこの世界で10年物の利回りが1.2%に近いなどという状況を想像できただろう」と不思議がる同氏は「全くあり得ないことが今では事実上ありふれたことになっている」と話した。


かつては個人投資家の動向が個別銘柄や市場全体に影響を与えるとは考えられていなかったが、新型コロナ禍の間にこれが変わった。19年終盤の証券会社の値引き競争で取引手数料がほぼゼロになったことに加え、ロックダウン(都市封鎖)で個人が時間を持て余したことが背景にある。



たしかに、コロナショックが起こったときは、こんなに速いスピードで株式市場が回復するとは思わなかったからな。
結局、2番底なんてなかったからね。


損失になっていてもそのまま放置してれば、あっという間に戻るどころかさらに上昇していったのが結果だったからな。
あとは、予想なんかしてないで淡々と積立投資をしていた投資家も大勝利だったわけだし。