ゴルディロックス相場ではないでしょ、多分。


ゴルディロックス相場ではないでしょ、多分。









5月というのもあるし、先月ギリギリのタイミングでQQQ+VTI+TLTのポートフォリオからSPY+TLTのシンプルなポートフォリオにしたのは正解だった。



グロース寄りではなくSPYのようなアメリカ株式全方位のほうが良さそうな局面。

長期債券のTLTも利回りは低いが、ポートフォリオ全体で見た場合はブレが抑えられてパフォーマンスは良くなる。




ロイターより



FRB、金融安定リスクの増大警告 株式ブームやアルケゴス問題で




米連邦準備理事会(FRB)は6日、金融安定性に関する報告書を発表し、

(〜途中省略〜)

リスクが増大しているという認識を示した。





日経でも同様の記事



資産価格に急落リスク FRB報告、投資過熱警戒




報告書の責任者であるブレイナード理事は「リスクを追い求める動きが加速し、脆弱性は高まっている」と指摘する。株価が最高値の更新を続けているほか、低格付けの社債の金利が大きく低下している。報告書では資産価格は収益や過去の状況と照らし合わせても、「バリュエーション(価値評価)が全般に高い」と分析。企業債務が過去最高の水準に膨らんでいる点にも注意を促した。




年末ぐらい?にあった「ゴルディロックス相場の再来」というのは多分無くて、

どちらかというと、アメリカのFRBの「金融政策のベクトルは緩和に向いていない」って感じに捉えておくほうが良さそう。



ということは、自分のポートフォリオ的には【株式:債券/50:50】のスタンスで間違い、というかダメージが少ない、で大丈夫ではないかと思った次第。



下はジャンク債ETFのチャート

過去5年で見ても価格は高止まりの域になってる。