今はトランプラリーと同様の流れの最中なのか?


今はトランプラリーと同様の流れの最中なのか? 










先日書いた記事ではないが、ポートフォリオにアメリカ小型株とREITを少しだけ入れておくのも、アメリカ株投資的にはインフレ対策としてアリだと、日経の記事で改めて思った。




(先日アップした記事)


インフレ対策に有効な資産クラスであるアメリカ小型株とREITを検討




該当の日経の記事


トランプラリーをなぞる相場(阿部健児)




記事のポイントは下記。



(〜途中省略〜)まとめると、トリプルブルー決定後とトランプラリー時の金融市場の類似性として次の3点が挙げられる。



  • 世界景気が持ち直しつつあった点
  • 米財政政策への期待から長期金利が上昇した点
  • 米長期金利上昇からバリュー相場となった点



今後の金融市場動向に関する2つの予想

  • 予想の1つ目は米長期金利の先行きについて

→ 米長期金利は21年内に妥当レンジの中間点2%を上回ると予想



  • 予想の2つ目は物色の変化について

→ 小型株への資金流入が増加する可能性が高いと考えられる。










米長期金利が妥当レンジの中間点2%を上回り、上昇一服となりバリュー相場が一旦終了した後は、小型株相場となると予想











再三書いているし、自分のポートフォリオも全方位のSPYに乗り換えたが、QQQがSPYやDIAに劣後してるおり、ましてやARKKのようなグロース系は一旦流れが止まってる感じがする。

長期金利の上昇も今は一旦止まってるだけだと思われる。



そうなるといちばん良い戦略は、アメリカ株式全般のSPYなりVTIをホールドしてるのが負けを抑えられる方法だと思う。

自分の場合はさらにTLTと50/50で保守的、オプションプレミアムは毎月貰ってるが。