アメリカの一時的ではないインフレを想定した場合の資産を検討


アメリカの一時的ではないインフレを想定した場合の資産を検討










アメリカはもしかしたら、2%超のインフレが続くかもしれない。

その場合は、長期債券はもちろんだが株式もそれなりに影響は受けるので、

あくまでポートフォリオ内の上限3%〜5%ぐらいを目安にインフレ時に割と強い資産クラスを今のうちに検討することにした。



候補は下記。いずれもインフレ時には強いとされている資産クラス。



  • コモディティーETF【PDBC】
  • 米国短期インフレ連動債ETF【VTIP】
  • エネルギーセクターETF【XLE】
  • アメリカ不動産ETF【VNQ】
  • アメリカ小型株ETF【IJR】




ゴールドETF(GLD)はすでにオプションで保有しているのでこれを基準にしたチャートが下記。ただし、期間MAXに限り、ETF自体が未設定(発売されていない)ので、VTIPはTIP、PDBCはDBCに変更した。

















やはり、というか当然値動きがいちばんマイルドなのは、米国短期インフレ連動債ETF。

で、米国短期インフレ連動債ETFは株式指数との相関係数もゴールドと同じくらい低い。



今のところは【米国短期インフレ連動債ETF:VTIP】が候補かな。








ただし、VTIPはオプション取引が出来ないので、たとえば今保有してカバードコールしているSPYやTLTのオプションプレミアムを購入原資にするのがいいかも。

試しに今度やってみよう。