VOO,VTI,SPYの比較データ_2021.04


VOO,VTI,SPYの比較データ_2021.04




今回は初回なのでVOOを掲載するが、次月以降はVTIとSPYの比較とする。



【結論】
やはり、原資産を保有しながらのオプション取引する場合は、SPYがベストの選択。VTIも一応はありだがやりづらい(経験済み)、VOOは無い選択。



チャートとそれぞれのオプション

























オプション取引を考えた場合、VTIでも出来高が少ないので非常にやりづらく不利な取引になってしまう。



VOOはそもそもオプション取引が出来る出来高になっていないのが現状。



SPYはやはりアメリカの株式市場を代表するETFなので圧倒的なオプション取引の出来高。限月も選び放題。





ここからは毎月更新予定。



VTIとSPYの比較_2021.04









使用したツールはこちら。



ETF Comparison


















気になったのはここ何ヵ月の短期的なパフォーマンスの差だが、これは小型株の良好なパフォーマンスが影響している。VTIはこれらも含んでいることによって、SPYよりパフォーマンスが良くなっている。



ただし、3〜10年ベースで見た場合はパフォーマンスの違いは大差ないものとなってるので、特にSPY保有のオプション取引で問題なし、のスタンスでいいかと。