【グローバル&アメリカ株式ポートフォリオ限定】来るべきインフレを見越したポートフォリオとは


 【グローバル&アメリカ株式ポートフォリオ限定】来るべきインフレを見越したポートフォリオとは










デフレにズブズブの日本では考えられないが、長期金利はひとまず一服してるものの、また再度上昇していくのはまず間違いのない既定路線。



その場合は、将来的に2年後ぐらいを見据えて(行き過ぎた)インフレも考慮したポートフォリオも考えておいたほうがいいのかどうなのか。

そこら辺に対する記事。




モトリーフールより。



インフレ懸念が高まる中で何に投資すべきか?



候補として次のアセットクラスを挙げている。



  • TIPS(インフレ連動国債)
  • 変動金利債・変動金利ローンを投資対象とした投資信託・ETFなど
  • 不動産・REIT
  • 商品(コモディティ)インデックスに連動するETFなど
  • 株(インデックスファンド・もしくはインフレ耐性の強いセクター・銘柄)
  • ハイイールドボンド(ジャンク債)
  • ヴィンテージ・カー、美術品など




自分としては上記に加えて、【ビットコイン】も対象に入れてもいいと思う。



ただ、記事内のまとめにも書いてあるが、

基本的には、【投資ポートフォリオは株式と債券が中心】で構わないと思う。



上記のアセットクラスは、あくまで上限5%程度組み入れておけば十分ではないか。

それ以前に、ポートフォリオの主要部分の株式が相当値上がりしてるだろうし。