投資戦略に活かす6つの視点  


投資戦略に活かす6つの視点








基本は株式、債券を50:50のポートフォリオで何もせず放置で十分だが、あくまでこんな意見もある、という視点で紹介。



ロイターより



コラム:今年後半への投資戦略 市場を読み解く6つの視点



  • 1.リフレーションに備えているか


リフレ期の金利上昇は金融セクターや資本財、素材セクターが恩恵を受け、他のセクターをアウトパフォームしやすいと考えている。




  • 2.利回りを追求できているか


2020年にパフォーマンスは良くなかった米国の配当性向の高い企業群

米国のハイイールド債

アジアのハイイールド債




  • 3.ボラティリティの高まりを活かしているか

相場変動に強いヘッジファンドへの投資

ボラティリティを活かした戦略の検討




  • 4.アジアへの投資機会を逃していないか

短期的には政治による規制強化などで変動が高まる局面もあるが、中期的には投資戦略の重要な要素




  • 5.構造的に成長する分野へ投資をしているか

ハイテク株は将来のキャッシュフローへの影響から金利上昇の影響を受けやすいものの、中長期の経済成長をけん引していく重要なセクター





  • 6.投資戦略は「持続可能性」を織り込んでいるか


最後の視点はサステナビリティ(持続可能性)投資。グローバル経済や政治環境が変化する中、持続可能な投資戦略の構築は一段と重要。





ハイイールド債に投資するってのは自分としては無い選択肢だな。

だったら現状のアメリカ国債にコール売りのカバードコールで十分。



画像はハイイールド債ETFのHYGとJNK