大幅下落か単なる調整で終わるのか〜グリーンシル破綻とアルケゴス問題


大幅下落か単なる調整で終わるのか〜グリーンシル破綻とアルケゴス問題










何だか2月から3月のこの時期になると必ず不穏な空気になる。

3月に入って発生した「アルケゴス」と「グリーンシル」の話題、というか問題。



日経より。



高まるバブル予兆(下)グリーンシル破綻が映す信用収縮




過去の例をひもとけば、バブルの発生と崩壊は大まかに以下のような流れをたどるケースが多い。


①金融緩和・財政政策による「カネ余り」

→②投資対象の拡大(金融技術の革新)

→③相場の高騰→④投資の大衆化

→⑤過度な楽観

→⑥なんらかの引き金(利上げなど)

→バブル崩壊――


というパターンだ。




アクティブETFやSPAC、SCFといった新たな投資手法の登場は②にあてはまり、スマホ証券の普及による個人投資家の投機熱が高まるのは③から④の構図が実現しつつあるようにもみえる。

過去の経験則に習えば、今後の焦点は⑤の過度な楽観が広がっているのか、⑥のなんらかの引き金が引かれ得るのか、に移るだろう。





前編はこちら。



高まるバブル予兆(上)SPACなど金融技術に潜むリスク



焦点:アルケゴス問題で分かった監視の穴、米当局は規制強化




とは言え、自分でやる事、やれる事といったらせいぜい「カバードコール」を「レシオ」にするぐらいかなぁ。



ずーっとガチホが、投資家として正しい姿勢だからね。