投資も大事だが、「永久債券」である年金制度の理解も同じくらい大事


投資も大事だが、「永久債券」である年金制度の理解も同じくらい大事










国の年金制度は言わば「永久債券」のようなものだから理解をしておくのが大事。


どうやったら、なるべく「もらい損」または「もらい得」なのかは、人によってケースバイケースなので、そこまで考えると複雑になってしまうが。


また、順次改悪もあるだろうし。
下記は、日経の「年金」に関する記事。


記事では、「繰上げ」「繰下げ」「加給年金」について触れている。


自分の中での「国の年金」の位置付けは「永久債券」のようなもの。
長生きして生きている限り貰えるからね。



あとはこれもありきたりだが、健康保険関連も大事。
下記も日経の記事。