「FIRE」ってそんなに流行ってるのか?


「FIRE」ってそんなに流行ってるのか?












コロナ禍なので、日常生活で以前のサラリーパーソン時代の友人達とは飲み会をやってないけど、「FIRE」ってそれなりに流行ってるのか???

あんまり実感が無いけど。




日経より。



あなたは「FIRE」を目指すべきか?(大江英樹)




記事では、筆者は一生自分がストレスフリーな仕事を見つけ、それをずっと続けているのが幸せなのではないかという意見を本田静六も絡めて説明している。










つまらない生活になるかも

これがまさに真実といっていいだろうということは、会社を辞めてみて初めて理解できた。早期リタイアして苦行から逃れ、好きなことをして暮らしたいという気持ちは痛いほど理解できるが、いざそうなってみて何年も経つと一体どういうことになるのだろう? 現役時代のような仕事ではないにしても何らかの活動をしないと、結構つまらない生活になってしまうのではないかと思う。



まぁそう考えてない人や、そういったものを見つけられない人が、日本だけに限らずどこの国でも一定数いるからこそ「FIRE」って生き方が世界中で注目を集め出した、とは思うんだが。






早くたくさん稼いで早期リタイアするという考え方は決して間違ってはいないが、誰もが必ずそうしなければならないというわけでもない。



アメリカやヨーロッパなどの西欧(特にキリスト教圏)では、「早くたくさん稼いで早くリタイアする」のも善行のうちって感じは以前からあると思うけど。

日本の場合、必要以上に仕事を神格化し過ぎでしょ。

逆に「誰もがなるべく長く働かなければいけない、もしくは働いたほうが幸せ」って訳じゃないでしょ。




ただ西欧諸国と違う点は、日本の場合「若くしてそれなりに資産貯まったからとりあえずFIREしました」のケースの場合、FIRE辞めてサラリーパーソンの仕事に復帰するのは少し厳しいかもね。


日本は、失敗を認めない土壌だから。




自分の場合は、FIREやって良かった、と思ってるけど。

例えば、


  • 目覚ましが必要ない生活「好きな時間に寝て、好きな時間に起きる生活
  • 外出するかどうかも含めて自由に決められる「雨だから外出しない、とか」


他にも、今はコロナで行けないけど、


  • コスパ重視の海外旅行
  • 反対にゆっくり長期滞在型の海外旅行、どちらも行きたい時期にいつでも行ける自由さ


ほとんど、というかほぼ全部のことに自由に決定権が自分にあるからストレスは限りなく無い状態。



そもそも、もっと年を取ってけばなおさら「金」より「時間」のほうが重要だと思うけどね。