米国株式インデックス投資についてのニッセイ基礎研究所のレポートが良い


米国株式インデックス投資についてのニッセイ基礎研究所のレポートが良い







該当の記事は下記。



米国株式インデックス投資、どれを選べば良いのか-S&P500 vs ダウ平均 vs ナスダック100








まぁ、アメリカ株式に限らず全世界株式でも「積み立て」より「一括」のほうが恐らくパフォーマンスはいいのは一緒だと思われる。

資金が有ればの話だが。



これ読んで思ったのは、案外「DIA+QQQ」にしても面白いパフォーマンスになりそうかなと。

セクターの補完は「SPY+QQQ」よりも「DIA+QQQ」のほうがしっくりくる。









もちろん、それぞれにコール売りを当てて「カバードコール」の損益図にするのが前提。



VYMなどの高配当ETFもいいけど、カバードコール前提ならアメリカ株式の主要指数のETFを使った方が良さそう。



Expense Ratioは0.1%の差があるが、コール売りのプレミアムを考えたら、全然この程度の差は吸収できるからDIAでもいいかもしれない。



ポートフォリオ全体では「グロース寄り」に傾けてあるから今までは良かったが、このところパフォーマンスが良くないので、これは一考の余地がありそう。