(続)レイ・ダリオ氏のオールウェザーポートフォリオをバンガードETFで代替してみた


 (続)レイ・ダリオ氏のオールウェザーポートフォリオをバンガードETFで代替してみた








昨日の続きで、
アメリカ30年債長期金利の上昇が続いているので、レイ・ダリオ氏の「オールウェザー・ポートフォリオ」を、経費率がより安いバンガードのETFで代用できないか試してみた。

  • レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオ
  • 債券部分(TLT,IEF)をバンガードETF(VGLT,VGIT)
  • 上記のVGITを、より広範囲にカバーしている最もメジャー債券ETFであるBNDに変えたバージョン

の3つとS&P500との比較。


今回は、コロナ禍&長期金利上昇のあった2020年以降のみでこの3つのポートフォリオの比較をしてみた。











オールウェザー・ポートフォリオにほぼほぼ近い形で、より経費が抑えられるバンガードETFで行けそうな感じ。


VGITはオリジナルのオールウェザー・ポートフォリオでのIEFと微妙に組み入れ銘柄に違いがあり、VGITには3年もの以降の債券が組み入れられているので、BNDに変えたバージョンも試してみたが、どうやらVGLTとVGITで良さそうな感じ。


ちなみに、TLTとVGLTも微妙に組み入れ銘柄が違っていて、VGLTは10年ものの債券も組み入れられている。


今は、TLTを保有しながらカバードコールをしているが、本来なら債券はポートフォリオ全体ではクッションの役割を果たす、というか、その役割を求めている。


だから別に債券ETFの部分は、オプション取引をせずに、そのかわりに経費が安いバンガードETFで保有できないかと思った次第。


長期金利の動向次第だが、ゆくゆくはこのポートフォリオを目安としておこう。