バフェット指数ではバブル進行中の公算が高い


 バフェット指数ではバブル進行中の公算が高い








ブルームバーグより。



バフェット氏お気に入り米国株指標が警鐘-長期トレンドも正当化困難










ポイントは下記。


  • 米国の株式時価総額は国内総生産の2倍以上に
  • 指標は市場における「顕著な熱狂」を浮き彫り




ただし、記事で使われている「CurrentMarketValuation.com」ではアメリカ10年国債のデータも同時にプロットした場合は、それなりに現在の株高は正当化されるとも。


Current Market Valuation








また、上記のバフェット指数ではなく「Interest Rates指標」では、「適正範囲内」という捉え方をしている。



果たして、どちらが正しかったかは将来にならないと分からないが、どちらにしても少しだけヘッジの方向で良さそう。