(続)レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオの債券部分をバンガードETFにしてみた


(続)レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオの債券部分をバンガードETFにしてみた 








昨日の記事の続き。



先日の記事でどこかのタイミングで「オールウェザー・ポートフォリオ」への移行を決めている旨を書いた。





上記の記事と同様に今回は、VTバージョンで債券部分を経費率が低いバンガードのETFにして試してみた。









やはり、債券部分をバンガードETFにしても良さそう。こっちの方が経費が安くなるし。

「ほったらかし」に最適解っぽい。



パフォーマンスはS&P500にかなり劣るが、大事な点はブレが抑えられている点と、最大ドローダウンが大幅に改善されている点。




ちなみに、元々のVTIのバージョンではどうか。









VTIにした場合は、パフォーマンス的には約10年で2.4〜2.5倍になってる。

VTの場合は、2.1〜2.2倍だから、このぐらいの差なら、逆に分散メリットでVTを選択した方が良さそう。



もちろん未来はこういうパフォーマンスになるかは分からんが。

現状あまりにもアメリカ一強過ぎるからね。