米国株のインフレヘッジ目的でポートフォリオ3%上限でゴールドのオプション取引を実施予定


米国株のインフレヘッジ目的でポートフォリオ3%上限でゴールドのオプション取引を実施予定






期間MAXにしたGLDのチャート



今年2021年の先行きを鑑みて、アメリカ市場で言われている「予期せぬ2%以上のインフレ」に対応するため、ポートフォリオに3%を上限割合としてゴールドのオプション取引を実施する予定。

正確にはメイン口座の3%なのでポートフォリオ全体では、割合がさらに下がるが。
あくまで軽めのヘッジぐらいの位置付け。
コモディティーなので上下変動が激しいので、こんな程度で十分。

また、オプション取引でコール&プットでそれぞれ売りと買いを絡めて、実質持ち出し資金をゼロのスプレッド取引で実施する予定。


メインポートフォリオが株式と債券の割合が50:50の超安定型だが、債券部分が長期債なので少しだけヘッジをしておく。
限りなくオプションの「フリートレード」なので、万一のゴールド急騰急落にも対応できるので比較的安心な取引。


下は2年チャートのGLD