市場が好調な時にこそ用心しておく姿勢が賢明


市場が好調な時にこそ用心しておく姿勢が賢明








なんだか少しの調整も無しに上がり続けている市場だが、こういう時こそ「リスク取りすぎ」に注意したい。



モトリーフールより



2021年に向けて、現金の備えをするべきか




記事のポイントは下記の通り。


  • 2021年には十分な現金を確保しておいたほうがいい。次のようなことが今後も懸念されるから
  • 十分な数のワクチンが提供できるまでの道のりはまだ長く、さらなる経済的混乱と財政的苦痛がある可能性があります。
  • 失業率はまだ高い
  • パンデミックは拡大し続けており、新規感染者数と死亡者数は、夏のピーク時の2倍以上になっている
  • 経済的または個人的な危機に対する防衛手段として、現金よりも良いものはありません
  • 流動性が高ければ高いほど、株式市場での購入に活用できる
  • (現金を用意して)投資機会に備える



1月の今現在はあまり問題なそうだけど、さらに角度をつけて上昇していくと、少し気をつけたほうがいいのは確か。



生活資金分は一部「楽天・インデックス・バランスファンド(均等型)」にお試しで入れているが、まだ現金は残してあるので急落時に追加で入れたいところ。



上記の「現金確保」とは違う話だが、一般NISAは半分の60万円を一括投資して、残額の半分はまだ残している。



一気にいったほうがいいのは分かっているが、2〜3月まで待つか検討中。