バンガード・ジャパンから最後のニュースレター


バンガード・ジャパンから最後のニュースレター









日本から撤退して新たに中国に拠点を置くバンガードから最後のニュースレター。

内容は下記。



2021年の経済および市場見通し:近づく夜明け



テーマは下記。


  • 世界経済の見通し(概要)
  • 2021年の世界経済:ワクチンへの期待
  • 新型コロナウイルスの長引く影響:歴史上の転換点
  • 世界のインフレ率:高インフレへの回帰ではなく緩やかなリフレ
  • 債券市場:2021年も低金利が続く見通し
  • 世界株式:リスクと機会


最後に以下の記述で締め括っている。




世界株式のリスクプレミアムは小幅なプラスで、トータル・リターンは債券のリターンを3~5%上回ると予想されます。リターン見通しはこのように控えめですが、世界のさまざまな資産クラスに幅広く投資する機会があります。




投資家としては、今まで通り投資を続けるのがベストチョイス、といういつも通りのメッセージ。



なお本国アメリカの原文は下記。

本国のレポートの方がボリュームあって読み応えがある。



Vanguard economic and market outlook for 2021: Approaching the dawn