アメリカ株式市場の社債(特にジャンク債)に注意


アメリカ株式市場の社債(特にジャンク債)に注意












株価バブル崩壊の種は「社債市場」にある!恐怖シナリオを山崎元が解説




記事のポイントは下記。




筆者は、株価のバブルは2021年に「まだ」崩壊しないと予想している(極めて頼りない予想であることをお断りしておく)。ただ、バブルが崩壊するときには、市場と経済にとって最も弱い箇所が「社債」になる公算が大きいように思う。特に米国の社債市場で何が起きているのかについては今後、大いに注意すべきだろう。

 



コロナショック急落の時に「社債(おもにジャンク債)崩壊」をFRBが支えたからね。

それから株式市場は急回復したから。



「次のショックはそこからかも」という予想。



やっぱり、毎週チェックしてる「JNK」とかを見ておけば良さそう。

「HYG」でも同じだけど。



【定点観測_炭鉱のカナリア】VIX,VXN,JNK,ARK,TSLA,NDX - 2020.12. 2nd week



毎週貼り付けてるチャートはせいぜい1年ぐらいの期間だが、JNKとかHYGのようなジャンク債は下がる時は急激に行くからな。




なお、この記事で紹介されている日経の記事は下記。



『債務不履行 世界で倍増 今年223社 経済に潜在リスク』