このタイミングで!トランプ大統領がコロナ陽性!


このタイミングで!

トランプ大統領がコロナ陽性! 



米大統領夫妻が新型コロナウイルス検査で陽性:識者はこうみる


まさか、このタイミングでねぇ。

でもバイデン氏がコロナ陽性だったら、「トランプさんとの討論会から逃げる」とかって、

逆に風評被害に遭ってたかもしれない。

まぁトランプさんは早期に復活してもらいたいところ。


それと、「ナスダックのクジラ」が再び現れたらしい。


「ナスダックのクジラ」再浮上か、米ハイテク株オプション取引活発に



要点は下記。

1日の個別株オプション市場では、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、ネットフリックスなどでコールオプション(買う権利)のまとまった買いが入った。来年最初の数カ月間にこれら企業の株価が上がることを見込んだ動きだ

 

 1日の米株市場でナスダック100指数は1.5%上昇。過去9営業日で下落したのは2営業日のみとなっている。年初来では33%高と、年間リターンは過去20年間のベスト5に入るペースで推移している。





最悪シナリオはテールリスクか、11月ヘッジコスト上昇理由-QuickTake



上記の記事の要点。

投資家のヘッジ手段 

 

11月18日までの株価ボラティリティーの期待を反映するVIX先物11月限は10月限より高いが、選挙結果の確定が遅れる見通しが高まる中で、12月限の価格もじりじり上昇。

 

為替トレーダーは6月以降、来年1月の次期米大統領就任までの為替変動から身を守る手段に円を用いてきた。グローバル通貨20種余りに連動するJPモルガン・チェースの為替変動指標は、3月の市場メルトダウン後で最も高い水準まで戻した。

 

米国債市場では、株式市場から逃げる投資家から資金が殺到するリスクをヘッジするため、オプションを購入するトレーダーも。