アメリカ長期国債ETFの比較 ( BLV, EDV, TLT )


アメリカ長期国債ETFの比較

 ( BLV, EDV, TLT )








長期ホールドのポートフォリオは、「VTI+QQQ+TLT」で、これにそれぞれカバードコールをしているが、債券部分を他の長期国債ETFにした場合、どうなるかを調べた。



対象は、いずれもバンガードのETFでBLVとEDV。

どちらもTLTよりExpense Raioが低いのでかなりローコストでの運用が可能。


  • TLT : 0.15%
  • EDV : 0.07%
  • BLV : 0.05%


と、TLTの半分以下のコストとなる。



ただし、BLVとEDVはTLTと違いオプションは無いので、これらをメインに変えて組み入れたら、完全にほったらかし状態。

やることといったら、せいぜいDRIPだけ。だから、かなり楽な状態ではある。



普段組んでいるTLTのカバードコールの利益率を考えると、

上記のExpense Ratioの差ぐらいは十分吸収出来ている。


が、カバードコールの手間が面倒くさなったら、

これらのETFをメインにしてもいいかもしれない。



Portfolio Visualizerで50/50のポートフォリオで組んで出してみたのが次の画像。












BLVは社債なども組み入れているからブレが激しくなる。

すっかりTLTを組み入れてブレ幅の少ない状態に慣れているので、いまさらこの上下変動は受け入れられないな。



となると、

やはりEDVが候補で、オプション利益分のリバランスをEDVにしてもいいかもしれない。



もちろん原資産のEDVのカバードコールは無し(というか取引不可)で、放置状態。



これはこれで追加投資分は楽になるからいいかもしれない。




関連記事


VTI+QQQ+TLTのポートフォリオをSPY+TLTに変更



債券ETFの比較〜なぜBNDではなくTLTを選択したか〜



VTIに各種の債券ETFを組み合わせて利回り向上を検証してみた



リスクが減少して利回り向上する資産を調べた



いちばん保守的&安心な運用は「VT+BNDW」である



アメリカ含む主要国のローコスト長期債ETFを発見(但しオーストラリア市場に上場) - Ticker : GGOV



バロンズのハイブリッド型ポートフォリオを調べてみた