生活資金の運用先候補〜5つの低コストファンド



生活資金の運用先候補〜5つの低コストファンド




まだ焦ることはないので、引き続き検討中の「生活資金用の運用先ファンド」の選定。


  • eMaxis Slim 全米株式
  • eMaxis Slim 全世界株式(オールカントリー)
  • eMaxis Slim 全世界株式(除く日本)
  • 楽天・インデックス・バランスファンド(株式重視型)
  • 楽天・インデックス・バランスファンド(均等型)



対象の5つのファンドの基本情報



運用がどれも「短期間」なのは、しゃあない状況。









2018年11月〜2019年6月(コロナ以外の年での下落と上昇時の推移)



下にあるコロナ以外の下落時と上昇時の各ファンドの推移の比較。
この期間は「オールカントリー」がパフォーマンスが良い。










2020年1月〜2020年10月(コロナ禍での推移)



稀に見る急落と急騰を繰り返した今年の推移。
この期間は「全米株式」がパフォーマンスが良い。










2018年8月〜2020年10月の期間(対象ファンド運用期間最長)



対象ファンドを全て揃えた場合の期間を抽出。
この通期、といっても短期間だが「全米株式」がパフォーマンスが良い。







どの期間を取っても「楽天・インデックス・バランスファンド(均等型)」がブレが小さい。
ただこのファンドは、信託報酬が割と高めなのが悩みどころ。
他が圧倒的に低コストだから。

バランスファンドでこの低コストなら十分、というのもあるが。
うーん、悩む。