【定点観測_炭鉱のカナリア】VIX,VXN,JNK,ARK,TSLA - 2020.09.2nd week


【定点観測_炭鉱のカナリア】
VIX,VXN,JNK,ARK,TSLA - 2020.09.2nd week

  1. CBOE Volatility Index   →   一旦下落、不安定状態は継続
  2. CBOE Nasdaq100 VXN →  一旦下落、不安定状態は継続
  3. JNK (ETF)    →   資金流入無し、大幅な下落も無し
  4. ARK (ETF)    →   資金流入無し、下落が止まるかの確認
  5. TESLA,Inc.    →   若干の資金流入、下落が止まるかの確認
  6. NASDAQ   →  資金流入続く、下落が止まるかの確認


月曜日は、【定点観測_炭鉱のカナリア】シリーズ
「大幅な資金流入、流出」や「購入価格帯」のチェックが目的。

なお趣旨としては、原資産は永久保有が基本なので、長期保有資産ではなく、
どちらかというと、オプション取引への参考程度の利用の位置付け。

先週から「Nasdaq版VIXのVXN」も対象にした。
やはり、保有しているグロース指数のVIXもチェックが必要。



CBOE Volatility Index

一旦、下落した。
最低20以下が目安なので、まだ注意段階。






CBOE Nasdaq 100 Volatility Index

こちらも同じく、一旦下落している状態。
もともとボラティリティー高めで最低30以下が目安なので、まだ注意段階。







SPDR Bloomberg Barclays High Yield Bond  ETF

資金流入は見られない。
購入単価は高い価格帯が多いが、大幅な下落も無し。






ARK Innovation ETF

大幅な資金流入は見られない。
一旦ここら辺で下落が止まるかどうか。







TESLA,Inc.

ARKKに比較すると若干の資金流入。
300くらいまでの下落はあるかも。







Nasdaq 100

引き続き、購入価格が多い10000~10500ぐらいまでは下落を見込んでおく。
資金流入が続いているので上昇に戻るかもしれない。





9〜10月いっぱいまでは荒れる方向で、
しばらくVIXとVXNが落ち着くまで静観する姿勢は、変わらず。

ただし、原資産「VTI+QQQ+TLT」の「永久ホールド」は不変。