【定点観測_炭鉱のカナリア】VIX,VXN,JNK,ARK,TSLA - 2020.09. 1th week


【定点観測_炭鉱のカナリア】
VIX,VXN,JNK,ARK,TSLA - 2020.09. 1th week

  1. CBOE Volatility Index   →   急上昇、しばらく不安定が続く
  2. CBOE Nasdaq100 VXN →  急上昇、しばらく不安定が続く
  3. JNK (ETF)    →   資金流入&流出は見られない
  4. ARK (ETF)    →   急落で資金流出、さらに急落かも
  5. TESLA,Inc.    →   急落で若干の資金流出、さらに急落かも
  6. NASDAQ   →  急落でも資金流入、戻すか急落かは不明


月曜日は、【定点観測_炭鉱のカナリア】シリーズ
「大幅な資金流入、流出」や「購入価格帯」のチェックが目的。

なお趣旨としては、原資産は永久保有が基本なので、長期保有資産ではなく、
どちらかというと、オプション取引への参考程度の利用の位置付け。

今回から「Nasdaq版VIXのVXN」も対象にした。
やはり、保有しているグロース指数のVIXもチェックが必要。

下はBloombergの記事。
米株式市場を押し上げたオプション取引、「雪崩」起こす危険性



CBOE Volatility Index

先週木曜の9/3から急上昇。
1ヶ月ぐらいは不安定な状態が続くと思われる。






CBOE Nasdaq 100 Volatility Index

こちらも同じく急上昇。
もともとボラティリティー高めなので、最低30以下が目安か。





SPDR Bloomberg Barkleys High Yield Bond  ETF

大幅な資金流入、流出は見られない。
購入単価は高い価格帯が多い。






ARK Innovation ETF

急落に伴い、資金流出。
購入単価は高い価格帯が多く、さらに流出があるかも。







TESLA,Inc.

こちらも同じく、急落に伴い、若干の資金流出。
購入単価はARKKに比べると低く、300くらいまで落ちたら、さらに急落するかも。







Nasdaq 100

購入価格が多い、10000~10500ぐらいまでは下落するかも。
しかし、急落したが資金流入があるので上昇に戻るかもしれない。




やっぱり例年通り9〜10月は荒れそう。

先週、オプション取引の変形レシオスプレッドの内側コール売りを買い戻して利確したのは正解。

原資産の「VTI+QQQ+TLT」は「永久ホールド」で変わらず。

しばらくVIXが落ち着くまでは静観する。