ナスダックの乱高下は当面続きそう


ナスダックの乱高下は当面続きそう





ここ3週間ほど週ベースでナスダックの下落が続いているが、それに関する記事。

バロンズから。

株式市場はバブルだが焦る必要なし、すぐにはじけるとは限らない

 - This Stock Market Bubble Doesn'tMean Trouble for Investors Just Yet.


枠内は記事より。

その要因とは、
  • 企業の継続的な成長
  • 何があっ ても景気を維持するという米連邦準備制度理事会(FRB)の決意
  • 個人投資家による株取引への関 心の高まり
などであり、財政支出も寄与しているかもしれない。
株価の変動は続くとみられるが、 同様にハイテクバブルの拡大も終わらないだろう。



以前の記事でソフトバンクのオプション取引に関して書いたが、
むしろ「ロビンフッダー」の方が影響が多いみたい。

個人投資家があおるナスダック市場の乱高下 - オプションを買っているのはソフトバンクだけではない

- Retail Investors Are Fueling the Nasdaq’s Wild Ride


枠内は記事より。

  • 8月の1日平均オプション出来高は過去最高
  • 個人のコールの買いが株価上昇あおる
  • 手数料値下げが個人のオプション取引に寄与




当分、ナスダックの乱高下は続きそう。
少なくとも、大統領選挙までは。
それまでは、やはり10000〜105000ポイントあたりまでの下落はありそう。


だが、下記のような記事もあったので、どうように推移するか。

投資家がナスダック100連動ETFで大量ヘッジ-ハイテク株急落前


枠内は記事より。

  • 「インベスコQQQトラスト」 のプット残高は2年ぶり高水準近辺
  • 「見掛けよりも投資家は慢心していない」 


原文は下記。