今週のMarket Newsなど - 2020.08 3rd week



今週のMarket Newsなど - 2020.08 3rd week

  • ゼロ金利は2024年頃まで?
  • アメリカが中国排除本気モード。今後はアメリカに資金集中加速か?



今週から日曜日は、気になったニュースやトピックスのまとめにした。
 あとから読み返して、考えが正しかったのかも分かるしな。


まずは、日経の記事。

FRB「出口なきゼロ金利」の影




画像は記事より拝借。


ポイントは、 

  • ゼロ金利解除 24年以降か
  • ゼロ金利長期化、ドル余りに拍車 
  • 実態無視した株高にバブルの匂い


アメリカが完全に日本化してきて、しばらく低金利が続くのが決定的っぽい。 
今後はさらに、日本、ヨーロッパ、新興国などよりアメリカに資金が集中する度合いが加速するかも。


そして、話題なのはこれだった。 


  • アメリカが「Clean Network Program」で、中国IT関連を根こそぎ排除を徹底化。


The Clean Network Program


他にも、

米、ファーウェイなど中国5社の取引先排除 政府調達を禁止


米政権、「信頼できない」中国製アプリを排除へ—クラウドや海底ケーブルも


コラム:トランプ氏、テンセントへの痛撃で中国の弱点突く 


トランプTikTok禁止令とTikTokの正体 


今週は矢継ぎ早に政策を発表。

まぁでも、そもそも中国自体が以前から、中国国内で「Google」「Facebook」などを 利用させないようにしていて、アメリカも同じ事をしたってだけの話なんだけど。


何しろ、中国って色々な事に「ただ乗り」してるくせに、主義主張を押し付けてくるからタチが悪い。


 今回は、もうアメリカは日本やヨーロッパに「アメリカに付くか?中国に付くか?」 でせまってるから、本気度が違う。


日本も、今までみたいに「八方美人」的な対応してると、アメリカから逆に制裁を喰らうよね。アメリカの要求に、とっとと決断してかないとな。
日本政府に出来るのかね、そんな決断。やらないとまずい事になるけど。


米中対立激化は必然、日本も中国に妥協してはならぬ 香港の民主派逮捕はまるで天安門事件、あのとき対応を誤った日本


米下院がついに対中強硬法案提出、台湾防衛へ本腰