新型コロナウィルス(Covid-19)でも、いつもの投資に徹する



新型コロナウィルス(Covid-19)でもいつもの投資に徹する

  • いつも通り「分散&長期投資」を継続するだけ。
  • アフターコロナの事を今から考えるな。





昨日の記事、
新型コロナウィルス(Covid-19)との付き合いは相当長くなりそうだでも書いたが、
コロナとは長い関わりになりそう。



楽天証券のトウシル 山崎元氏の記事 ウィズ・コロナ、アフター・コロナの投資戦略 


記事の見出しは下記。


  • 残念ながら、「ウィズ・コロナ」 
  • 「不景気」vs「経済政策」 
  • 生活と投資 
  • 投資戦略の大筋は変わらない 
  • ファイナンシャル・ディスタンシング 
  • アフター・コロナはインフレか? 
  • インフレに早く備える必要は無い。3つの「2%」を見よ!



以下、枠内は記事より)
投資では、 

(1)自分にとって適正と思われるリスク分量を、 
(2)分散投資されたローコストな対象で持つことを、
 (3)長期的に継続すること、

 以上にできることがないので、それを続けたらいいというだけのことだ。

これ以外に、余計な事をやると、結果的にパフォーマンスをかえって落とすしね。




インフレは、金融業界が長らく使ってきた「商材」だ。

「老後不安」と共に二大商材の一翼だと言っていいかもしれない。

他には、「国家破綻」とかも定期的に出てくるね。
不安を煽る輩が一定数湧いて出てくるからな。




インフレは徐々に起こるはずだし、

その過程では、「コロナ明け→好景気→信用拡大→インフレ」といったプロセスが順を追って動くのであり、

インフレが問題になる時点までには、リスク資産の投資はそれなり以上に収益を稼いでいるはずだ。

その通りですね。

 普通に考えて、「昨日までデフレでした。今日からインフレです」なんて、 聞いた事ない。 
ポートフォリオの調整は、インフレの兆しが見えてからで十分。




めどとなる指標としては、以下の3つの指標が「2%」を超えるか否かを見ておくといい。それは、 

(1)インフレ率、
 (2)長期金利、
 (3)実質金利だ。 

理由は、是非、読者自身で考えてみてほしいが、

これらの3つの指標のうち、 2つが「2%」を超えたら、

インフレを意識してポートフォリオをどうするべきか、 真剣に考えてみることにするといい。

これも同意です。

「インフレ」が将来心配って、そもそも起こってもないし、徐々に変化が表れるはず。

その間に、 というか今もだが、リスク資産は上昇してるはず。 

 結局、疾病にかかわらず、 

今まで通り「分散された資産を持ち続ける」のをやってればいいという事。

 でもこの記事の中の「かしこいフリをしない方がいい」というのは、 上手い表現だな。 
「かしこいフリして、行動してもより良い結果が得られるとは限らない」