QQQ (Invesco QQQ Trust)とコスパ高いアメリカ株グロースETFを比較してみた




QQQ(Invesco QQQ Trust)とコスパ高いアメリカ株グロースETFを比較してみた



昨年からポートフォリオの一部にQQQを組み入れているが、
ずっとQQQのようなグロース株優位が続いているので、
(若干の調整はあるが、グロース株では「あるある」程度の下落)
コスパ抜群のバンガードETFとQQQを比較してみた。


自分は以下の点を考慮してQQQを保持している。
  • 原資産の流動性
  • オプションの有無とその流動性


比較対象は下記2つ。
  • VUG  ( Vauguard Growth ETF)
  • MGK ( Vanguard Mega Cap Growth ETF)


いきなり結論。


QQQとアメリカ株グロースETFのVUG,MGKの比較
結論 : 最大下落率はQQQやベンチマークのSP500と大差ないが、上昇率はQQQが一番大きい。コスパはVUG,MGKの圧勝。パフォーマンスに、かなり差があるので、コストを差し引いても、グロース系をポートフォリオに加えるならシンプルにQQQだけで良い。(ただしデータは2008年以降)



  • 各ETFの概要





  • コストはVUGとMGKの圧勝。資産残高、取引高はQQQの圧勝。




  • 各ETFのポートフォリオセクターのの内訳






  • VUG,MGKはTech,Consumer Cyclical,Communication以外の割合がQQQと比較して多い。
  • 逆にQQQは上記3セクターで80%を占めている。




  • QQQ,VUG,MGKのパフォーマンス比較 (ただし2008年以降)





2008年以降のデータに限ると、QQQは、
  • 最大下落率はVUG,MGK,S&P500と比較して大差ない。大体40%近い下落率。
  • 資産上昇率が一番高い
  • ただし標準偏差も高めなので注意は必要。



比較してみたけどやはり自分としては、「原資産の資産残高の大きさ」「オプション取引のしやすさ」からQQQの一択だね。

次は「バリュー系」を比較してみるか。
相当パフォーマンス悪そうだけど。