人気の配当系ETF(VIG,VYM,SPYD)を比較してみた




人気の配当系ETF ( VIG,VYM,SPYD ) を比較してみた



配当系ETFというか配当投資とかバリュー投資自体が、人気あるけど、
アメリカ株で言えば、多分2013年くらいから年間ベースで言うと、
ずっとグロース株優位が続いている。
ときどき一時的にバリューに巻き戻しがあるけど、結局グロース系に戻ってくる。


今回は、人気の配当系ETFを比較してみた。


自分自身は配当系ETFに投資するつもりも予定もないので、
単なるデータチェック。

ホールディングしているETFは、以下の点を考慮してVTIとQQQを保持している。

  • 原資産の流動性
  • オプションの有無とその流動性(ただしVTIは少しやりづらい)


比較対象は下記3つ。
Portfolio Visualizerは3つまでしか比較できないので、
今回はVTIはSP500で代用で比較した。

  • VIG       ( Vanguard Dividend Appreciation ETF )
  • VYM     ( Vanguard High Dividend Yield ETF )
  • SPYD   (SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF )


今回もいきなり結論。

配当系ETF ( VIG,VYM,SPYD ) の比較
結論 : 

  • 保有してもいいかな?と思えるのはVIG。
  • パフォーマンス的にはSPYDは最悪。パフォーマンスが悪過ぎて利回りでカバー出来ていない。
  • VIGは、大体SP500にトレースしているのでVTIの代わりにメインで取り入れるのはアリかも。

(ただしSPYDの上場の絡みで、データが2015年11月以降と少な過ぎる。)



  • 各ETFの概要






  • 利回りが高い順は、SPYD,VYM,VIG
  • 組み入れ銘柄数の多い順は、VYM,VIG,SPYD
  • コストは0.1%以下で、いずれも低い





  • 各ETFのポートフォリオセクターの内訳







  • VIGの特徴は、SP500に近いポートフォリオでパフォーマンスにも表れている。
  • VYMの特徴は、Financialセクターが多い。
  • SPYDの特徴は、RealEstateセクターが入っている点。




  • VIG,VYM,SPYD,(SP500)のパフォーマンス比較 




2015年11月以降のデータに限ると、
  • SPYDがSP500やVIG,VYMに対して、大幅に劣後している。
  • 資産上昇率はVIGが最も高いが、SP500と大差は無い。ほぼトレース。
  • VYMが銘柄数がVIGより多く、配当利回りも高いが、パフォーマンスはイマイチ。



自分は、原資産保有しながら「カバードコール」も考えると、
VTIの1本で良いよね。ってなるなぁ。

いつもの結論。

そもそも、配当狙いではないから、VTIにQQQを少し入れてるんだけど。