債券ETFの比較〜なぜBNDではなくTLTを選択したか〜


債券ETFの比較〜なぜBNDではなくTLTを選択したか〜









そもそも、債券をなぜTLTにしているのか?

それに対して自分が出した解は、




  結論 :   株式ETFと組み合わせた場合、長期国債はクッション効果が高い。また、オプション取引がスムーズに利用できる米国長期国債ETFはTLTのみだから。



その他の選択肢として、
  • バンガード社のVGLTは、オプション取引不可。本当は一番低コストだから、これにしたい。ただ、TLTと同じく20年債以上だけにして欲しいのが不満点。


  • 同じくバンガード社のBNDは、オプション取引は一応出来るが、オプション取引出来高が少なく、またストライクプラスの設定も少なくて取引がやりづらい。アメリカ総合国債だから長期債ETFではないし。


  • TLTに一番近いのは、バンガード社のEDVが選択肢としてあるが、これもオプション取引不可。これも低コストでいいんだけど。


  • 他には、ZROZなんてのもあるが、これもオプション取引出来高、ストライクプラスなど取引がやりづらい。



債券は、オプション取引を絡めて原資産保有を保有するとさらに「クッション効果」が高いので、通常、「キャッシュセキュアードプット」は、利用していない。
基本的に「カバードコール」のみ。


TLTのカバードコールをしている場合、株式下落時にはTLTの価格が上昇し過ぎることがある。
その時は、マイナスになってるTLTのカバードコールのストライクプライスをアップして、限月はフォワードしてる。
原資産のTLTはそれ以上に上昇しているのでオプションマイナス分はカバーして新たにカバードコールをすれば良い。


唯一手間なのが、こういったカバードコールの対処くらい。


あとは,

「原資産をずっとホールド」しておくのが、なによりも一番大事。


以下のデータは、各債券ETF単体の場合、VTIをそれぞれ50%で組み入れた場合。
パフォーマンスが上がるが、相対的に低リスクになるのがポイント。



今回も同様に下記のサイトでチェック。